イーサリアム(ETH)価格が年初高値に達 – 次は$3,000か?

意見6ヶ月前更新 6086cf...
92 0

イーサリアム(ETH)は目覚ましい上昇を続けており、年初来高値を更新しており、投資家やアナリストは$3,000の価格が手の届くところにあるのではないかと推測している。.

最近のステーキングされたイーサリアムの実現価格が $2,000 を超えたこと、デフレ現象の激化、グレースケール イーサリアム トラストのプレミアム ギャップの縮小など、多くの要因がこの価格高騰を引き起こしました。

ステークされたETHが平均単価$2,000を突破

CryptoQuantの研究責任者によると、イーサリアムネットワークに賭けられたETHの平均単価は最近$2,000の水準を突破した。彼はこう指摘した。

「ETHを長期保有したい投資家の平均単価は数日前に$2kを突破し、長期投資家のほとんどが利益に転じており、これが重要なサポートとなる可能性が高い。」

イーサリアム(ETH)価格が年初高値に – 次は000?
ステークされたETH実現価格。出典: クリプトクアント

このブレイクアウトは、長期投資家のほとんどが利益を上げており、さらなる成長のための強固な基盤を提供する可能性があることを示しています。

ブラックロックETFと機関投資家からの関心の高まりを受けてETHの価格が上昇

イーサリアムの価格上昇に拍車をかけているのが、デフレ現象の激化だ。 11月10日にブラックロックがETFスポットをSECに申請した後、ETH取引の総数は急増し始めた。燃やされた手数料の額も同様でした。これにより、ETHの総供給量が大幅に減少しました。このニュースが発表されて以来、総供給量は -82,861 ETH 減少しました。

イーサリアム(ETH)価格が年初高値に – 次は000?
イーサリアム(ETH)の総供給量。出典: クリプトクアント

さらに、22年12月に-59.49%まで下落したグレイスケール・イーサリアム・トラストのプレミアムギャップは、機関投資家による買いにより縮小しつつある。これは機関投資家が信託商品を大量に購入し、ETHを押し上げている兆候とみられている。

ブラジルのItau Unibancoが仮想通貨に参入、イーサリアムの普及を促進

ブラジル最大の銀行イタウ・ウニバンコが仮想通貨取引サービスを開始するなど、イーサリアムへの機関の関与も増加する見通しだ。当初はビットコインとイーサリアムを提供していましたが、将来的には他の暗号資産にも拡大することを目指しています。これは、その国の暗号通貨規制がどのように進化するかによって異なります。

この動きにより、Itauは、仮想通貨取引所MBや投資銀行BTGパクチュアルのデジタル資産部門Myntなどの他の地元プレーヤーや、バイナンスのような世界的大手企業と直接競合することになる。

リップル事件の有力弁護士が規制の混乱の中、ビットコインとイーサリアムを支持

予想外の展開で、リップル対SEC訴訟への関与で知られるジョン・E・ディートン弁護士は、自身の仮想通貨ポートフォリオがビットコインとイーサリアムに傾いていることを明らかにした。ディートンはXについて次のように述べています。

「(SECが訴訟を起こした)当時、私は3つのトークンを所有しており、XRPはBTCとETHに次ぐ最小の投資でした。」

この事実は、規制上の不確実性にもかかわらず、投資家がこれらの資産に自信を持っていることを示しています。

イーサリアムとビットコインによってデジタル資産の流入が10週間で最高額に

最後に、先週、ビットコインとイーサリアムが主導するデジタル資産の流入は合計 $1 億 7,600 万に達しました。 CoinSharesによると、2021年10月以来10週間の高値を記録した。これは、これらの暗号通貨に対する市場の関心と投資が高まっていることを示しています。

イーサリアムだけでも先週さらに1TP6兆3,100万の流入が見られ、この5週間の流入額は1TP6兆1億3,400万となり、今年初めて純流入額は1TP6兆1,000万とプラスとなった。

イーサリアム(ETH)価格が年初高値に – 次は000?
毎週の暗号資産フロー。出典: CoinShares

イーサリアムがオンチェーンのダイナミクス、機関投資家への関心、強気な投資家心理の強力な組み合わせに後押しされて上昇軌道を続ける中、$3,000の価格帯は「あるかどうか」という問題ではなく、「いつ」という問題のように思えます。

この記事はインターネットから得たものです。イーサリアム(ETH)価格が年初高値に達 – 次は$3,000か?

© 版权声明

相关文章

コメントはありません

コメントを残すにはログインが必要です!
すぐにログイン
コメントはありません...